8/8ページ

8/8ページ
  • 2020.04.17

記憶力と歩行ペースが共に低下した高齢者は認知症にかかるリスクが高い

  おぼろげな記憶と遅い歩行速度は、それぞれ認知症リスクの初期兆候です。最近の研究では、記憶力と歩行速度が共に低下することはさらに明らかになることが示されています。JAMA Network Open誌(2月5日付)で発表された調査結果は、二重衰退のある個人が予防的介入において価値ある標的になり得ることを示しています。アメリカ国立高齢化研究所(National Institute on A […]

  • 2020.04.15

老化は世界保健機関が使用する疾患基準に適合

国際長寿連盟、生物老年学研究基金会とリスク因子予防部のある科学者グループは、老化は世界保健機関(WHO)の疾患基準に符合すると表明しました。 老年学の学者で構成される国際的な研究チームは、国際疾病分類(ICD-11)標準と比べて老化プロセスを分析しました。国際疾病分類とは、医師や他の医療専門家が疾病を特定するのを助けるためにWHOが作成した参考文献です。学者らは、低レベルの全身性炎症、細胞分裂の減 […]

  • 2020.04.13

老化を制御することがCOVID-19(新型コロナウイルス)感染症の治療にどう活用できるか

  都市で山火事のように広がる新型コロナウイルス(COVID-19)は世界中に蔓延しています。 60歳以上のシニア、その中特に潜在的な健康問題を抱えている人は、他の年齢層よりも致命的な感染症にかかる可能性が高くなります。世界五大長寿研究の学術雑誌のひとつ『Aging』誌3月30日に発行された新評論は、老化関連の病理がパンデミックと戦うための新しい戦略になり得ると提案しました。 データによ […]

  • 2020.04.02

NMNは脳内出血マウスモデルの脳組織を保護する

  過去20年間、医療技術の向上にもかかわらず、脳内出血による死亡率は減少していません。中国人では脳出血による脳卒中が全脳卒中の約33%を占めていますが、白人ではこの割合は12%です。3 脳卒中発症後1ヶ月の死亡率は約40%です。1,3,4生き残った患者は、精神的、肉体的な病気に長く生きなければならないことがよくあります。2,3生き残った患者は長期にわたる精神的および肉体的障害を抱えて生 […]

  • 2020.04.02

NMNとメラトニンは、高齢ラットの記憶を改善できる

  認知欠陥と記憶障害は加齢に伴って年齢と深く関連しています。研究によると、アポトーシス、細胞死とミトコンドリア損傷などは年齢関連の学習と記憶欠陥記憶障害に大きく関与しています。3,4,5 この場合、非対電子を持つ原子や分子が多すぎるフリーラジカルは、エネルギー分子ATPのレベルを低下させます。ミトコンドリアの透過性の変化は、脳の構造におけるのアポトーシスを招きます。3,6ニコチンアミド […]

1 8