7/9ページ

7/9ページ
  • 2020.07.16

NMNはマウスの腸の幹細胞における加齢変化を改善する

  (Uchida et al., 2018 | NPJ Aging and Mechanisms of Disease) 加齢に伴い、DNAの分子変化によりLgr5遺伝子の活性が低下する。このLgr5遺伝子は、細胞増殖の低下と加齢に伴う遺伝子の活性化につながる。 BW 幹細胞が自己再生して成熟細胞に分化する能力は、組織の維持と損傷の治癒に重要である。幹細胞は人の一生で体内に留まるため、 […]

  • 2020.07.13

NMNは、マウスの食事と年齢による糖尿病の逆転を助ける

Tiffany Chenより 3,400万人以上のアメリカ人は糖尿病を持っており、うち約90~95%が2型糖尿病にかかっている。長く座るようなライフスタイルを持つ現代人の中、2型糖尿病はすでに流行病となっている。それは高カロリー食が私たちの代謝経路を圧倒するかもしれない。 セントルイスのワシントン大学医学部の研究者は、天然化合物であるニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)を与えることで、マウスの […]

  • 2020.07.07

NMNなどの分子は網膜のエネルギー生成を改善することで加齢黄斑変性を緩和する

BW   (Ebeling et al., 2020 | Redox Biology) 上図は加齢黄斑変性眼球細胞で試験された4種類の分子の機能を示す。NACは、ミトコンドリアを保護し、元気なミトコンドリアを増やす。ラパマイシンは、ミトファジーと呼ばれるプロセスの刺激により欠陥のあるミトコンドリアを除去する。PQQは、生物発生というプロセスを経てミトコンドリアの生成を刺激する。NMNは、酸化的リン […]

  • 2020.07.07

NMNは骨髄幹細胞を刺激し、より多い骨と少ない脂肪を形作る

  206本の骨が成人の骨格を支え、重要な器官を保護し、体重を支え、ヒトを運動させる。骨の硬い表層の内側には、ハニカムのような穴がある。骨組織はすべて分解され、継続的に補充される。ただし、歳を重ねて新しい骨の形成は古い骨の除去に追いつかない。外層が薄くなり、小さな穴が大きくなる——頑丈だった骨は擦り切れてしまう。 中山大学の中国人科学者らはこのほど、ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN […]

  • 2020.07.02

NMNはマウスにアルツハイマー病の影響を逆転させる

  BW アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によると、2018年には推定570万人のアメリカ人がアルツハイマー病に罹患して生活しているという。アルツハイマー病は、日常活動を行う能力に深刻な影響を与え、思考、記憶、言語を制御する脳の一部の悪化を伴う可能性がある。 科学者らは、正確な病因は分かっていないが、遺伝的要因、生活習慣、および環境要因の組み合わせがアルツハイマー病の発症を引き起こ […]

  • 2020.07.02

NMNの投与によりマウスの老衰過程における血管機能障害を逆転させる

   BW 世界人口の高齢化により心血管疾患とも呼ばれる心臓病の治療法に関する開発が迫られている。心血管疾患は、先進国において主な死因を占めている。高齢化は心血管疾患の主な危険因子であり、2050年までに高齢者の数が少なくとも2倍になると予想されている。 2016年、コロラド大学の科学者は、ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)がマウスにおける血管機能障害を逆転させることを実証した研究 […]

  • 2020.06.23

NAD+が神経系的欠陥を持つ動物へのDNA修復によりヘルススパンと寿命を増加させる

BW 毛細血管拡張性運動失調症(A-T)とは、協調性のない動き、放射線高感受性、小脳の萎縮などを特徴とするまれな遺伝疾患である。この疾患は、両親から1つずつ、1対の欠陥遺伝子を受け継いだ人に発症する。 毛細血管拡張性運動失調変異(Ataxia-Telangiectasia Mutated、ATM)遺伝子は、通常では細胞の成長と分裂を調節するが、その欠損が細胞の異常死につながり、A-Tを引き起こす。 […]

  • 2020.06.12

NMNは中枢神経系を保護する:神経細胞死を予防し、認知力を向上させる

  B W アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によると、2060年には米国のアルツハイマー病患者数は1,390万人に増加し、2018年の2倍以上になると予測されている。世界的に高齢化が進む中、アルツハイマー病の患者数は増加しているが、現在のところ治療法がない。中国と日本からの科学者グループがそれを変えたいと考えされた。 科学者チームは、アルツハイマー病モデルラットにニコチンアミドモノ […]

  • 2020.06.11

NMNは糖尿病患者の認知を回復させ、ニューロンを保護する

  BW 糖尿病になると、人の認知機能が低下する可能性は高くなる。科学者らはこの影響を、脳内のニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD +)レベルの低下と関連付けている。メリーランド大学の研究者は、糖尿病ラットにニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)を投与してNAD+レベルを上昇させたところ、糖尿病誘発性の認知障害が改善され、予防された。この結果は、5月26日付のInternati […]

  • 2020.06.04

NAD+レベルを追跡:脳から血液へ

  BW ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD+)レベルは、齧歯動物モデルでは加齢とともに減少する。この減少は老化関連疾患と関連し、細胞の核と『発電所』であるミトコンドリアに異常を引き起こす。2015年、ミネソタ大学の科学者らは、ヒトの加齢に伴うNAD+レベルのこれらの同じ減少を初めて発見した。学術誌『米国科学アカデミー紀要』(Proceedings of the Nationa […]

1 7 9